東京大学物性研究所

東京大学物性研究所には100テスラを超える磁場を発生する破壊型マグネットと100テスラ以下で精密物性測定が可能な非破壊型マグネットがあります。以下では各マグネットが発生する磁場下で可能な測定手段の一覧です。試料に関する制約などもありますので、実験の可否については共同利用申請をされる前に各担当者までご連絡ください。

破壊型マグネット

破壊型磁場波形
マグネット名称マグネット略称最高磁場(T)磁場持続時間1(us)磁場持続時間2(us)磁場持続時間3(us)磁場持続時間4(us)comments
縦型一巻きコイルVSTC130342
横型一巻きコイルHSTC200351
2MJ電磁濃縮法2MJ-EMFC40042402
5MJ電磁濃縮法5MJ-EMFC100048453磁場継続時間はコイルに依存

非破壊型マグネット

  ショートパルス:最高磁場75T、パルス幅4ms
  ミッドパルス:最高磁場60T、パルス幅35ms
  ロングパルス:最高磁場43T、パルス幅1s

その他、各種測定を開発中です。上記以外に希望の測定がありましたらこちらまでお問い合わせください。